|漢方薬と健康の情報(女性必見)

便秘と漢方薬

漢方薬には便秘に効く物もあります。
西洋薬でいうところの下剤ですね。
どのような漢方薬が使われるかは症状にもよりますが、今困っているのが便秘だけなら、下剤としての作用があるものが使われます。
≫ 『便秘と漢方薬』

冷え性と漢方薬

冷え性で悩んでいる方、またはその体質の方には、漢方薬が向いています。
そのワケは、ハッキリと病気とまでは言えない、なんとなくの不調や体質の改善は、漢方薬が得意とするものだからです。
体が冷えるこの症状は、病気とまでは言えません。
実際、西洋医学で冷え性という診断名はないんですね。
そちらでいうと冷え性はあまり異常とはみなされませんが、実際に生活する中でこれに困っている方もおられます。
≫ 『冷え性と漢方薬』

男性特有の病気と漢方薬

男性特有の病気やその症状に対して、漢方薬を使って治療する場合もあります。
たとえばEDです。
勃起不全とも言われ、性行為が正常に行えなくなるなど、男性にとっては深い悩みにつながりやすい症状ですね。
中高年の男性に多いイメージがありますが、年齢に関係なく起こることのある症状です。
≫ 『男性特有の病気と漢方薬』

子供に多い病気と漢方薬

こどもに多い病気や症状の改善のため、漢方薬が使われる場合もあります。
子供に多い病気は、たとえばアトピーです。
アトピーはお肌の異常で、かゆみや湿疹が特徴ですね。
大きくなるにつれ、このようなアトピーが自然に治まる場合もありますが、小さいうちはこのアトピーが出ることも多いです。
≫ 『子供に多い病気と漢方薬』

風邪と漢方薬

風邪をひいたとき、漢方薬も役立ちます。
風邪薬としてCMで見ることも多い葛根湯は、漢方薬の1つです。
これは風邪の引き初めに強い薬で、頭痛や軽い発熱など、風邪の初期症状を穏やかに改善してくれます。
≫ 『風邪と漢方薬』